伝え方コミュニケーション検定の難易度や合格率は?

伝え方コミュニケーション検定の難易度や合格率は?

「相手に伝わる言葉選び」を身に着け、幅広いシーンで活かせる伝え方コミュニケーション検定。
仕事でスキルアップしたい方にはもちろん、あらゆる人間関係の悩みを解決したいと考えている方にもおすすめの資格なんです。

 

しかし、試験内容が難しいものだったり、取得まで時間がかかったりしないか心配ですよね。
伝え方コミュニケーション検定は、合格率も高く、数ある資格試験の中でも比較的易しい資格です。

 

また、学習は全てWeb上で行うことができます。仕事や子育てでなかなか時間が取れない方でも、挑戦しやすい資格ですよ。

 

今回は、伝え方コミュニケーション検定の難易度や合格率について詳しく説明していきます。まだ悩まれている方も、ぜひ参考にして資格試験に挑戦してみてください。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定は難しい資格ではない!

伝え方コミュニケーション検定は難しい資格ではない!

伝え方コミュニケーション検定は、決して難しい資格ではありません。
お申し込み時の受験条件も特になく、受けたい人は誰でも受けることができます。

 

伝え方コミュニケーション検定には、難易度別に初級と中級に分かれています。
受験費用やカリキュラムも違いますので、ご自身が受けたいレベルを選択しましょう。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


合格率90%!伝え方コミュニケーション検定は比較的易しい資格

合格率90%!伝え方コミュニケーション検定は比較的易しい資格

本検定は、初級の難易度が90%以上です。この数字から見ても分かる通り、比較的挑戦しやすい資格といえるでしょう。

 

受けた方の口コミを見ても、動画での解説が分かりやすく難しい問題はなかったといった声が多数あります。そんなに心配することなく、安心して受験できます。

 

注意点としては、不合格となってしまうと2回までしか再受験ができないところです。合格率が高いとはいえ、油断しないようにしましょう。繰り返し動画やテキストで復習しておくことが大事です。

 

 

学習しやすいから合格を目指せる!

伝え方コミュニケーション検定は忙しい方にとっても学習しやすいシステムです。
子育てや仕事でまとまった時間が取れない方でも、合格まできちんとサポートしてくれます。

開始から合格まで、全てWeb上で完結!

こちらの検定は、お申し込みから試験を受けて合格するまで、全てがWeb上で完結してしまいます。
講義に足を運んだり、試験会場にわざわざ行ったりしなくても自宅で受けられるのです。

 

学習材料は主にテキストと動画学習です。
テキストは、ダウンロードして印刷して使うことも可能です。勉強しやすいスタイルを選びましょう。
動画学習は、初級で140分、中級で180分の内容となっています。どちらも細かいセッションごとに分かれているので、通勤・通学時間などの隙間時間を使って勉強するのもいいですね。

まとめて勉強してもOK

実際にこちらの検定を受けた方の中には、3時間で合格したという方も。
まとまった時間が取れるのであれば、動画学習を一気にすすめ、忘れないうちに試験をうけるのもひとつの手です。

 

ですが、まとまった時間が取れないという方も心配不要です。
初級ならお申し込みから3ヵ月間の間、中級なら6ヵ月間の間は何度でも動画を見ることができます
少しずつしか時間が取れなくても、何度も復習できるので心配しなくて大丈夫ですよ。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


 

伝え方コミュニケーション検定の試験内容

伝え方コミュニケーション検定の試験内容

では次に、伝え方コミュニケーション検定の試験内容について見ていきましょう。

 

テキストと動画で試験対策はバッチリ

 

基本的にテキストと動画学習をしっかりしておけば合格する内容となっています。別に参考書を買う必要もないのでお財布にも優しいです。

 

試験は、初級が10問、中級が15問です。全て選択式で、3つの選択肢の中から1つを選ぶという形式です。

 

具体的な試験内容については、正式には発表されていません。しかし、実際に受けた方からは、特に特別な対策は必要なかったという声が多数でした。動画学習も分かりやすい内容で、自然と知識が身につくカリキュラムになっているようです。

 

試験が終わると、その場で合否が分かります。結果を待たなくて良いのが嬉しいですよね。合格証は後日、自宅に郵送されます。
注意点は、中級を受けて合格しても、中級の合格証のみしか受け取れないという点です。中級は、初級の内容を網羅してはいますが、合格証は初級と中級の2枚をもらえるわけではありません。もし初級の合格証が欲しい場合は、追加で税込2,200円を支払えば発行してもらうことも可能です。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定に合格した後は?

伝え方コミュニケーション検定に合格した後は?

伝え方コミュニケーション検定は、様々な場面で活かすことができる資格です。
家庭、職場、学校など、人間関係はどこにでも存在します。それぞれの価値観が違うために、コミュニケーションする上で歪みが生じ、悩みの原因となっているのです。

 

そんな悩みを減らしてくれるのが、伝え方コミュニケーション検定。
実際にどんな場面で活かせるのでしょうか。

 

伝え方コミュニケーション検定が活かせる場面

  1. 家族やパートナーとの関係をもっと円満にしたいと考えているとき
  2. 人間関係でストレスを感じているとき
  3. お子さんが思春期や反抗期で、難しい時期に差し掛かっているとき
  4. オンラインでの仕事が難しいと感じているとき
  5. 転職を考えているとき

 

以上の5点をもっと詳しく見ていきましょう。

 

1.家族やパートナーとの関係をもっと円満にしたいと考えているとき

些細なことでも、言い方1つで伝わり方は変わってきます。本検定ではその具体的なメソッドを学べるので、家族やパートナーとの関わり方を見つめなおし、改善したいと考えている方にはおすすめです。

 

2.人間関係でストレスを感じているとき

伝え方コミュニケーション検定では、自分や相手の性格を分析し、タイプ別にどんな伝え方をしたら良いのか学べます。実践的な方法を教えてくれるので、あらゆる人間関係で悩みを抱えている方にも最適です。

 

3.お子さんが思春期や反抗期で、難しい時期に差し掛かっているとき

子育てをする中で、どうしたらお子さんに伝わるのかと悩む場面もありますよね。本検定には、お子さんとのコミュニケーションについての解説も含まれています。お子さんが難しい時期で、悩まれているお父さんお母さんにもぜひおすすめしたい検定です。

 

4.オンラインでの仕事が難しいと感じているとき

最近はリモートでの仕事をする場面が増えましたよね。対面だったら伝わるはずが、なかなか伝わりづらいこともあります。こちらの検定で相手に伝わる言葉選びを習得すれば、難しいオンラインでの仕事にも対応できます。

 

5.転職を考えているとき

自分のスキルアップのため、昇給のために転職を考えている方にもおすすめの検定です。働きながらでも独学で取得可能で、履歴書に記載することもできます。自分をアピールする場面で有利になるといえるでしょう。

 

家庭内から職場まで、あらゆる場面で良い影響を与えてくれそうですね。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


まとめ

伝え方コミュニケーション検定の難易度や合格率は?まとめ

難しい試験内容だったり、資格取得までに時間がかかってしまうと、どうしても時間が取れないもの。伝え方コミュニケーション検定は、内容が比較的易しく、最短3時間で取得できます。スキルアップしたい方や、自信をつけたい方はぜひチャレンジしてみてはいかがですか。

 

今回の記事を簡単にまとめると、

 

  1. 伝え方コミュニケーション検定は合格率が高い!
  2. 学習しやすいサービスで合格が可能
  3. 試験内容も易しく挑戦しやすい
  4. 合格後はいろんな場面で活かすことができる

伝え方コミュニケーション検定で「相手に伝わる言葉」を身に着けて、人間関係の悩みを減らしましょう!

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ