伝え方コミュニケーション検定 初級と中級の違い

伝え方コミュニケーション検定 初級と中級の違い

毎日の生活の中で、コミュニケーションを取ることは避けられません。だからこそ、人間関係で悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

正しいコミュニケーションの仕方が身につき、明日から実践できる伝え方コミュニケーション検定。
今回は、伝え方コミュニケーション検定の初級と中級の違いについて詳しく説明していきます。
「受験しようか迷っているけど、初級と中級のどちらを受ければよいか分からない」
「初級と中級はどっちが自分に合ているんだろう?」
そんなお悩みを持っている方は、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

 

伝え方コミュニケーション検定初級公式サイトへ

 

伝え方コミュニケーション検定中級公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定とは?

伝え方コミュニケーション検定とは?

まず初めに、伝え方コミュニケーション検定がどんな資格なのか見ていきましょう。

 

伝え方コミュニケーション検定とは、よりよい人間関係を築くために、相手に正確に気持ちを伝えるメソッドを学べる資格です。

 

職場や家庭など、人と人が交わる場所には必ずコミュニケーションが必要です。しかし、自分と相手の価値観や考え方は様々。そのためにすれ違いなどが生じ、ストレスや悩みの種になることは多々あるのではないでしょうか。
実際、人間の悩みの約9割が人間関係から生まれているとも言われています。
それほど他人とのコミュニケーションは、重要であり同時に難しいことなのです。

 

そのような悩みにアプローチし、解決のきっかけとなってくれるのが伝え方コミュニケーション検定です。

伝え方コミュニケーション検定で学べること

伝え方コミュニケーション検定は、「性格統計学」に基づいたデータをもとに、相手に伝わる話し方や関わり方を具体的に学ぶことができます。
「性格統計学」とは、16年間にもおよび研究され、12万人のデータを分析して作られたコミュニケーションメソッドです。確かなデータからカリキュラム化されたこの資格は、多くの受講者から評価を得ています。

 

伝え方コミュニケーション検定初級公式サイトへ

 

伝え方コミュニケーション検定中級公式サイトへ

 


 

伝え方コミュニケーション検定はどんな人に向いてる?

伝え方コミュニケーション検定はどんな人に向いてる?

伝え方コミュニケーション検定は、人と関わる全ての方に向いているといえますが、特に向いている方を以下にまとめました。

 

1.営業職の方

営業のお仕事をされている方は、取引先との商談などの場面において高いコミュニケーション能力が求められます。
取引相手との相性が悪かったり、自分の商談力に自信が持てなかったりなど、多くの悩みがあるのではないでしょうか。
そこで、伝え方コミュニケーション検定で相手に的確に伝える力を養えば、自分のコミュニケーション能力に自信が持てるようになります。ご自身のスキルアップに加えて、相手の信頼も勝ち取ることができるビジネスパーソンを目指せます。

 

2.教師や塾講師など、教育関係の方

多くの生徒を相手にしなければならない教師や塾講師の方にも、伝え方コミュニケーション検定は向いているといえます。
様々な性格の生徒がいる中で、ひとりひとりの個性を汲み取るのは非常に難しいことです。また、保護者の方との関わり合いもあるため、多くの悩みを抱える教育者がいることでしょう。
伝え方コミュニケーション検定は、相手の気持ちの汲み取り方についても学ぶことができます。各生徒の個性に合わせた話し方や伝え方ができるようになります。

 

3.看護師や介護士などの医療関係の方

看護師や介護士など、医療に従事している方にもおすすめの資格です。
医療の現場では、必ずコミュニケーション能力が必要となります。様々な症状の患者さんに合わせた関わり方や伝え方をしなくてはならず、困難も多いです。
伝え方コミュニケーション検定は、学んだ次の日から実践できるカリキュラムになっています。即戦力が必要とされる医療の現場にぴったりの資格といえます。

 

4.就職・転職活動中の方

就職活動や転職の際には、自分の強みや長所を相手にアピールしなければなりません。自信が持てずにうまく伝えられないという悩みを持っている方もいるでしょう。
伝え方コミュニケーション検定は、相手に的確に気持ちを伝えられる方法を学べます。また、履歴書に記載できる資格でもありますので、アピールする際に有利です。自信を持って面接に臨むことができるでしょう

 

5.子育て中の方

子育て中のお母さん、お父さんにもこちらの資格をおすすめします。
自分の子育ての仕方に自信がなかったり、お子さんの気持ちをもっと分かってあげたいと悩んでいる方は多いと思います。
また、思春期や受験の時期など、お子さんとの関りが難しい時期もあります。伝え方ひとつで相手に与える印象は大きく違います。家族とのコミュニケーションを見直し、関係を円満にしたいと考えている方はぜひ挑戦してみてください。

 

職場でのコミュニケーションの悩みを解決し、仕事にこの資格を活かすことができれば、昇給も叶うかもしれません。転職活動を考えている方も、持っていて損はない資格ですね。

 

伝え方コミュニケーション検定初級公式サイトへ

 

伝え方コミュニケーション検定中級公式サイトへ

 


初級と中級はどう違うのか?

伝え方コミュニケーション検定初級と中級はどう違うのか?

初級と中級は、取得までにかかる費用と、カリキュラムの内容が大きく違います。

 

  • 初級13,200円(テキスト代、試験料含む)
  • 中級33,000円(テキスト代、試験料含む)

 

初級と中級では20,000円もの差があります。どちらが自分に適しているか慎重に考える必要がありそうです。

 

 

また、初級と中級ではカリキュラムにも大きな違いがあります。

初級のカリキュラム 中級のカリキュラム

◎話し方と伝え方の違い
◎コミュニケーションギャップ
◎性格統計学とは
◎同じ目的でも2通りの伝え方がある
 ・ワークショップ1
 ・ワークショップ2
◎希望型と慎重型について
 ・ワークショップ3
◎5つの心理法則
 ・原因解明でストレスは軽減できる
 ・好意の互恵性、嫌悪の返報性
 ・自己肯定感と人間関係は比例する
 ・演じることで言葉や行動も変化する
 ・成功体験は脳に刻まれる
◎うまくいく伝え方トレーニング
 ・ワークショップ4
◎具体的活用例
◎心理法則を活用した伝え方テクニック
◎まとめ・5つのポイント

1.なぜ自己肯定感が大切なの?
・自己肯定感とは
・自己肯定感の大切さ
・自己肯定感の高い子、低い子の受け止め方の違い
・自肯定感に関するアンケート調査から
・自己肯定感を失くす言葉・はぐくむ言葉
2.コミュニケーションギャップとは
・コミュニケーションギャップの解決策
3.性格統計学とは
・性格統計学の定義1「人間は自然界の一部」
・性格統計学の定義2「性格は遺伝しない」
4.性格の成り立ち
・人の性格を氷山で表現する
・生まれ持った価値観(3つのタイプ)
・3つの価値観がそれぞれ大切にするもの
5.3タイプには比率がある
・価値観の比率〜ロジカル・ピース・ビジョン〜
6.ズレの原因は「価値観の違い」にある
・見え方の違い〜体験するワーク〜
7.響く言葉、響かない言葉
・嬉しい言葉は人それぞれ〜体験ワーク〜
・3タイプ別、言われて響く褒め言葉
8.褒めるときの傾向
9.3つの価値観と人物イメージ
10.価値観の特徴とタブー
・ロジカル編
・ピース編
・ビジョン編
・3タイプのリアクションの違い
11.パワーバランス
12.リフレーミング法
・リフレーミングとは
・性格統計学によるリフレーミング
13.家族構成別・事例
14.性格統計学の活かし方
15.伝わる言葉

初級に比べて中級はさらに詳しい解説がついています。
学習素材である動画も、初級は140分、中級は180分となっていて、試験内容や難易度も違ってきます。

 

初級は、資格取得にかかる時間が少なく、内容も基本のポイントを抑えているため、育児中の方や教師など、忙しい人に向いています。

 

一方、中級は、内容が濃く、伝え方コミュニケーション能力をあげるために必要な情報がたっぷりあるため、営業職や看護師の方に向いています。
伝え方一つで、お客様といい関係を築けるのなら、必須のスキルとなるでしょう。

 

伝え方コミュニケーション検定初級公式サイトへ

 

伝え方コミュニケーション検定中級公式サイトへ

 


まとめ

伝え方コミュニケーション検定 初級と中級の違いまとめ

今回は、伝え方コミュニケーション検定の初級と中級の違いについて説明しました。

 

記事を簡単にまとめると、

  1. 伝え方コミュニケーション検定は、人間関係をより良くするための資格
  2. 仕事や家庭など様々な環境で活かせる!
  3. 初級と中級は費用とカリキュラムが大きく違う

 

初級と中級では内容が大きく違うため、ご自身の目的に合わせてどちらを取るべきかしっかりと検討しましょう。
伝え方コミュニケーション検定初級公式サイトへ

 

伝え方コミュニケーション検定中級公式サイトへ