伝え方コミュニケーション検定は独学で取得可能?おすすめテキストは?

伝え方コミュニケーション検定は独学で取得可能?おすすめテキストは?

日常生活に欠かせない人とのコミュニケーションですが、人間関係で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなお悩みを解決する糸口となってくれるのが、伝え方コミュニケーション検定です。

 

伝え方コミュニケーション検定では、コミュニケーションにまつわる基本的なことから、仕事に活かせるような本格的なことまで学べます。

 

なかなか勉強する時間が取れない忙しい方でも、伝え方コミュニケーション検定は独学で取得することが可能な資格です。毎日の隙間時間をうまく活用して、ワンランク上のコミュニケーション方法を身につけましょう。

 

今回は伝え方コミュニケーション検定の独学での勉強方法や、テキストについての解説をしています。ぜひ最後まで見ていってくださいね。
伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定は独学で取得できる?

伝え方コミュニケーション検定は独学で取得できる?

伝え方コミュニケーション検定は、独学で取得することができます。子育てに忙しい方や、仕事でなかなか時間が取れない方でも、勉強しやすい資格です。

 

伝え方コミュニケーション検定を取るためには、まず公式サイトからのお申し込みが必要となります。その際、初級と中級が選べるので、自分により適したレベルを見極めてから申し込むようにしましょう。

 

伝え方コミュニケーション検定を取るのに必要なものは?

 

伝え方コミュニケーション検定を勉強する際、まず必要となるのは以下のものです。

 

◎ネット環境
◎パソコン、タブレットなどの端末

 

この2つさえあれば始められるのは嬉しいですよね。

 

パソコン、タブレット、スマホのいずれかがあれば、お申し込みから試験まで受けることができます。
自宅でゆっくり学習したい方は、パソコンでの勉強がおすすめです。通勤や通学途中などの隙間時間を活用して学習を進めたい方は、タブレットやスマホを利用しましょう。

 

また、伝え方コミュニケーション検定ではテキストのほかに動画学習もあるため、Wi-Fiなどのネット環境は必須です。そのため、通信費がかかってしまうことに注意しておきましょう。

 

移動中に学習したい方は、スマホやタブレットへあらかじめ動画をダウンロードしておくことがおすすめです。
伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定の試験形式

伝え方コミュニケーション検定の試験形式

初級と中級によって試験形式は変わってきます。

 

初級 中級
問題数 10問 15問
問題形式 選択式 選択式
合格基準 80点以上 80点以上
再試験可否

 

中級では初級に比べて、問題数が5問増えています。カリキュラムも違い、内容も濃いものとなっているので、難易度は少し上がっているようです。
初級では合格率90%なので、再試験の不安もあまり感じることなく受けられそうですね。

 

中級の合格率に関しては、公式には発表されていません。初級に比べて学ぶ内容も濃いため、少し合格率は下がっているかもしれません。

 

試験を受ける前の対策

 

伝え方コミュニケーション検定では、Webテキストと動画学習を中心に勉強を進めていきます。
動画学習は、初級で140分、中級で180分の内容となっています。期間中なら何度でも視聴可能なので、繰り返し見ることで知識を定着させていきましょう

 

初級の試験では合格率90%以上という数字からも分かるように、比較的易しい試験内容となっています。再受験も2回までなら可能なので、不合格でも再チャレンジできます。

 

ただし、3回以上は再試験できないため、確実に合格できるように対策をしておくことは大事です。
試験本番前に動画を見直したり、テキストで復習してから臨むようにしましょう。

 


 

伝え方コミュニケーション検定のテキスト

伝え方コミュニケーション検定のテキスト

伝え方コミュニケーション検定は、独学で取得可能なうえに、本屋などでテキストをそろえる必要もありません。

 

お申し込みが完了すると、専用アプリへの案内メールが届きます。そのアプリ内からPDF形式のテキストと、eラーニングの動画が視聴可能になります。

 

PDF形式のテキストは印刷することも可能です。持ち歩いて勉強したいと考えている方も学習しやすいです。印刷できる環境がない方でも、パソコンやスマホから閲覧できるので安心ですね。

動画学習を中心に進める

伝え方コミュニケーション検定では、テキストはもちろんですが、eラーニングでの学習が効果的といえます。
約25分ごとに区切られた動画では、ひとつひとつに要点が絞られており、学習をスムーズに進められるシステムになっています。まとまった勉強時間の確保が難しい方は、毎日動画1本ずつなど、工夫して進めていきましょう。

 

テキストだけだとなかなか勉強が進まないですよね。動画学習では講師の方が解説してくれているので、まるで授業を受けているような感覚で学習できる点も魅力です。独学をやったことがないという方も、これなら安心して取り組めます。

細かいカリキュラムで分かりやすい内容

初級と中級でカリキュラムの内容が違いますが、どちらもすぐに実践できるようなカリキュラム構成です。

 

初級では、基本的なコミュニケーション方法から性格統計学の解説など、分かりやすい内容です。4つのワークショップで、より実践していけるようなカリキュラムとなっています。

 

中級では、初級をさらに深堀りした内容です。初級では解説されていない概念なども登場するので、より専門的に学んでいきたいという方は中級を選ぶと良いでしょう。
伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


伝え方コミュニケーション検定講座のメリット

伝え方コミュニケーション検定講座のメリット

伝え方コミュニケーション検定を取得することで生まれるメリットを以下にまとめました。

 

  1. コミュニケーション能力が身につく
  2. 就職活動、転職活動に有利
  3. 人間関係の悩みが減る
  4. 交渉力がアップする
  5. 相手に伝わる話し方ができるようになる
  6. 自信が持てる
  7. 子供との接し方が分かるようになる

ひとつひとつ解説していきます。

1.コミュニケーション能力が身につく

こちらの検定では、性格統計学に基づいた分析がされています。相手に伝える力と、相手の意図を汲み取る力の両方が身につくカリキュラムです。普段の自分自身のコミュニケーションを見直すきっかけにもなります

 

2.就職活動、転職活動に有利

伝え方コミュニケーション検定は、履歴書にも記載することができます。これから就活を始める方や、転職を考えている方にはおすすめです。

 

3.人間関係の悩みが減る

仕事や友人など、様々な人との関わりの中で、必ずと言っていいほど付きまとうのが人間関係での悩みです。その原因を探り、実践方法も学習できる伝え方コミュニケーション検定は、きっと役に立つはずです

 

4.交渉力がアップする

営業のお仕事をしている方は、営業能力のスキルアップとして活用できます。昇給を目指せたり、転職の際に有利になる可能性もあります。

 

5.相手に伝わる話し方ができるようになる

部下を教育立場であったり、世代の違う方とお仕事する方にとっては、相手に伝えることがさらに難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。円滑な意思疎通ができるようになると、わだかまりも減ってきます。

 

6.自信が持てる

履歴書にも書ける資格なため、自信にも繋がります。一度取れば更新のための費用や再試験などは一切ないので、一生あなたの資格として残ります。

 

7.子供との接し方が分かるようになる

伝え方コミュニケーション検定のカリキュラムの中には、子供への接し方に関する内容も含まれています。思春期などの難しい時期にどんなコミュニケーションを取れば悩んでいるお母さん、お父さんにはぜひおすすめの資格です。

 

伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ


まとめ

伝え方コミュニケーション検定は独学で取得可能?おすすめテキストは?まとめ

伝え方コミュニケーション検定を取得することで、仕事ではもちろん、家庭でも活かせるスキルが身につくことが分かりました。
独学で取得可能なので、忙しい方でも取り組めそうですね。

 

今回の記事をまとめると、

 

  1. 伝え方コミュニケーション検定は独学でも取得できる!
  2. 試験は比較的易しいので安心して受けられる
  3. テキストと動画学習で試験に臨もう
  4. 伝え方コミュニケーション検定を取ることでメリットたくさん!

スマホやパソコンなどの端末があればそれだけで学習が完結するのが嬉しいですね。
日常生活のコミュニケーションで悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。
伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ
伝え方コミュニケーション検定 公式サイトへ